なぜ、投資を教えているのですか? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

連休明けではありますが、
私はなんだかものすごく忙しく(^^;)

今年の夏は全く休めない状況です。

しかし、今週末から
遅めの夏休みをいただきますので、
それまで頑張ります(^^)/

さて、先日、

「青柳さんは
どうして投資を教えようと
思ったのですか?」

と聞かれました。

時々こういう質問をされます。

私は、

「それが一番
私が世の中の役に立つから」

この仕事をしています。

特に投資が好きとかいうことではないんです。

もちろん、投資や数字の管理が
得意ではあります。

得意ではありますが、
特別に投資が好きなのではなく、

「多くの女性は数字が苦手で、
投資などは抵抗がある。

でも、お金のことは
知らないと損をすることが多い。

だったら、私が、
分かりやすく教えられれば
知識不足で損をするという
女性を減らすことができ、

それは、世の中の役に立つな」

と思って、投資を教えています。

実際、
これまで生きてきて、

「数字とか投資とか
大得意です!」

という女性を
私以外に見たことがないので、
おおよそ間違っていないと思います。

何でもそうだと思いますが、
不得意なことを一生懸命頑張るより、

得意なことを伸ばした方が早いです。

不得意なことは、
得意な人に聞く、教わる、やってもらうのが
お互いに効率が良いですね。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る