投資しないといけないのに!? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

そういえば、
先日、髪を切りますという
宣言をしていましたが、、、

宣言通り、
私的にはかなり短くなりました。

すると、頭が軽い!

髪を切る前までは、
それが当たり前なので、
髪の毛の重量に気づいていなかった
のですね。

切ってみて初めて、
「髪の毛ってこんなに重いんだ」
と実感します。

そういうことって
ありますよね。

それが当たり前の状態になっているけど、
手放してみると、足取りが軽くなる、
みたいな。

物理的にも精神的にも
当てはまるような気がします。

投資についても
当てはまります。

それは、
「思い込みが重荷になって
投資を始められない」
ということです。

例えば、以前に
こうおっしゃる人がいました。

「株価が下がったら買う、
と決めていて、
その候補を2社選びました。

資金的にも問題ないのですが、
1つの会社は、
あまり投資する気になれないんです。

もうすぐ安値になるのに、
チャンスとわかっているのに、
買う気になれない、
どうしたらいいかわからなくて」

と悩んでいました。

私は、

「納得がいかないなら、
どんなに資金があっても
投資しなくていいですよ」

と答えました。

すると、
とても納得したようで、
眉間にしわが寄っていたのですが、
すっかり笑顔になって、

「そうか、
投資しなければいいんですね!」

と明るく答えられました。

当たり前のことと思うことでも、
本人が気づいていなければ
大きな重荷になっていることは多いです。

この場合、

「株価が下がったら買う」

「買わなくてはいけない!」

という思い込みが強かったのですね。

誰に強制されたわけでもなく、
自分のお金を自由に投資するだけ
なのに、思い込みとは不思議です。

客観的に考えると
当たり前のことでも、

意外と気づいていないこと
あるかもしれませんよ。

あなたにとっては
当たり前になりすぎていることは
自分では気づけませんからね。

同じような思い込みに、

「まとまったお金が無いと投資できない」

「まとまった時間が無いと投資を始められない」

「余裕がないから投資を始められない」

等もあります。

本当にそうでしょうか。

お金が無くても
時間が無くても、
余裕が無くても、

大事なことを始めるのに
迷うことはないのではないでしょうか。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る