お金が貯まる人の習慣 by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

さて、
このところ、
お金を貯められない人の
口癖について書いていますが、

では、貯められる人は
どうやっているのか?

という話をします。

収入に関わらず、
お金を貯めるのは簡単です。

それは、

収入があったらその時に、
20%を別口座に分けておく

のです。

このポイントは2つで、

収入があったら、
その時にお金を分けるということ、

いろんな支払いをして
余ったら貯める

のではなくて、

お金を使う前に
「貯める」
のです。

私は、
先取り貯金
と呼んでいます。

そして、

収入の20%

というように、
割合を決めておくことも
ポイントです。

今月は少なめ、
今月は多め、

というように、
自分の都合で金額を変えず、
一定のルールで貯める、
ということです。

この2つのポイントで、
お金はどんどん貯まります。

昭和の時代の富豪の1人で、
本多静六
という方がいるのですが、

彼の自伝では、
初任給から25%を
コツコツ貯めた

と書いてあるのですね。

本多氏だけではなく、
資産を築くための第一歩は、
今ある収入から
少しずつ貯めること、
です。

もちろん、
貯めているお金は、
無いものとして考えてくださいね。

旅行に行くからとか、
家電が壊れたとか、

そういう時でも
当てにしない、
将来まで取っておく貯金ですから。

とにかく、
お金を貯められなくて
困っているなら、

最初は小さい金額でも、
毎月一定額を貯める

というところから
始めてみましょう。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る