女性向け投資スクールのわけ by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

先日、雑誌の取材を受けた
ということを書きましたが、

その時に、こんなことも聞かれました。

「青柳さんは、どうして、
女性向けに投資を教えようと思ったのですか?」

今日はこれについて書きます。

ちなみにですが、
私のスクールには、
男性も入ることができます。

現在も、20%くらいは男性です。

私が女性向け、と言っているのは、

「コツコツ真面目に続ける投資」

だから、女性に向いていると
考えているからです。

そもそも、私は、

男性よりも女性の方が
投資に向いている

と思っています。

なぜなら、男性は、
ちょっと利益が出てくると、
調子に乗ってすぐに
より高いリスクを求めて
危険な投資に走るからです。

「どきっ」

とした男性も多いのではないですか?

それを責めているわけではなく、
そういう傾向があるということです。

だから、コツコツ継続して
中長期的な資産形成

というと、

男性は「つまんない」
と思いがちなのです。

でも、女性は違います。

あまりリスクを取りたくない、
コツコツ真面目に継続できる、

という性質がもともと備わっているので、
投資に向いているのです。

ですから、
私のスクールにこらえる男性は、
「堅実派」の方ということですね。

さて、女性こそ
投資に向いているのですが、

それに気づいていない女性ばかりだし、

もっと言うと、

女性はお金や数字に対する
「苦手意識」が強すぎるのです。

実際のところ、それは、
ほとんど思いこみなのですが、

思い込みが強いあまり、
最初から、数字に拒否反応を
示すのです。

これが、非常にもったいないと思います。

だから、私は、
女性に、分かりやすい言葉で
数字やお金のことを
伝えたいと思っています。

それが、使命だと思ったのですね。

ということで、
女性向けの投資スクールが
誕生したというわけです。

昨日はそんな話で
盛り上がりました。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る