ポートフォリオの見直しをしてみよう  by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

先日から、ご案内している
こちらの無料オンラインプログラムは
もう登録されましたか?

すでに200名以上の方が登録されています。

======================

3日で投資を学ぶ講座
第6期募集にともなう
無料オンラインプログラム

「3日で投資を始めて
7年で資産を倍にする方法」

の登録受付を開始します。

お申込みはこちらから↓

https://bluestone-ac.net/l/c/begBOb38/tMhgh2Qg

お金のこと、
今じゃなくても大丈夫と思っている
あなたこそ!今のうちに学んでください。

いつ、時間とお金が無くなるか分かりません。

特に、無くなってから後悔するのが
「時間」です。

もっと早く始めておけばと
悔やむ前に、今すぐ、登録して下さい。

⇒ https://bluestone-ac.net/l/c/begBOb38/tMhgh2Qg

=======================

さて、今日は、

ポートフォリオの話をします。

ポートフォリオって聞いたことがありますか?

簡単に言うと、資産の内訳ということで、
現金、債券、投資信託、株、
など、資産の内訳がどのくらいの割合か、
ということです。

私の投資スクールでは、
ポートフォリオについても教えていて、
先日、生徒向けに、
自分のポートフォリオを見直す、
というセミナーをやってみました。

各自、自分のポートフォリオを
書き出してみて、

というワークをすると、

結果は、見事に2つにわかれました。

1つは、
ほぼ現金100%
というグループです。

多くの人はこちらに当てはまるのでは
無いでしょうか。

ちなみに、自宅とか自家用車、
不動産などは含めていません。

金融資産としてのポートフォリオの話です。

現金100%というのは、
株や投資信託などの資産を持たず、
ただただ、預金しているという方、

もしくは、
貯金と保険、という方が当てはまります。

貯金額にもよりますが、
現金の比率は、50%くらいでも
構わないのです。

すでに投資を始めている人でも、
投資信託の割合が5%未満、
という方が多くいました。

それはそれで、
計画的に現金を投資信託や株へ
移行していければよいのです。

そして、もう1つのグループは、
逆に「現金が20%未満」
というグループです。

人数は少ないでしょうが、
やはり、当てはまる方もいるでしょう。

投資をしていて
あれもこれもとやっていると、
いつの間にか手元の現金が少なくて、
リスク資産が多くなるというパターンです。

多くの方は、
その状況に気づかずにいるのです。

ですから、
投資をしている人もしていない人も、
定期的に、自分の資産の割合を
把握しておくことが大事です。

木を見て森を見ず

とならないように、
俯瞰する視点を持ちましょう。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る