間違ってはいないけど、真の意図と違うこと by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

今日は、
「3DAYS投資実践集中講座」
の2日目です。

この3DAYS講座は、

全く投資をやったことがない初心者の方でも、
たった3日で、

投資信託と株の投資法を身に着けられる

集中講座です。

教えている投資法は、
累計1600名が学んでいる
初心者向け投資法で、

多くの方が実績を出しています。

中には、学んでから1か月で
10%の利回りを出した主婦の方もいました。

それを3日で集中して学べるので、
遠方の方からも人気です。

次期募集も予定しておりますので、
興味のある方はもうしばらくお待ちください。

さて、

こうした投資を教えていると

「これまで本を読んだけど
全然、投資を始められなかったのが、
実際に学んだら良く理解できました」

という声が本当に多いです。

投資ができるようになるには、
本やネットの文章だけの情報では
なかなかうまくいきません。

なぜなら、
同じ言葉を読んでも
人によってイメージすることが違うからです。

例えば、

「分散投資をしてください」

と書いてあったとして、

いくらか投資をしたことがあれば、

「銘柄とか種類を分けて投資するんだな」

とイメージするでしょうが、

全く投資に触れたことが無い人は、

「複数のものに投資すればよいのだな」

とイメージして、
種類や地域を分けずに、

ただ、やみくもにたくさんの銘柄に
投資をしてしまったりするのです。

文章の理解としては
間違ってはいないけど、

書き手の真の意図からは外れている、

という状況が生まれます。

それでは、
書いた方も、読んだ方も、
不幸な状況ですよね。

こうした小さな誤解が積み重なると、
大きな損失を生む可能性があります。

だから、

本を読んだだけでは、
投資を始めるのが難しいし、

ましてや、
利益を出すことも困難なのです。

もちろん、
本だけで投資ができる人もいるでしょうが、

できなかったとしても、
それは、あなただけではないということです。

しっかりと学んで、
実践で教えてもらいながら
投資を始めると良いですよ。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る