責めてるわけじゃないのに・・・ by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

東京では、昨日、
中秋の名月が綺麗に見えました(^^)/

皆さんの地域ではどうでしたか?

今日は雨が降っているので、
今夜の満月は見られそうにありませんが、

月を見る機会が増えると、
何となく秋を感じます。

もちろん、
もう9月も終わりに近づき、
あと3か月で今年も終わり、

秋というより冬に近づいてきていますから、
当たり前なんですが。

さて、先日、
ご夫婦間でのお金の管理について
相談があり、その時に、

「お金の話をすると主人が、

『お前の管理がダメなんだ!』

と怒ってしまって話し合いになりません」

という相談がありました。

このパターン、実は、かなり多いです。

というのも、
お金の話をされると、
男性は直感的に

「オレの稼ぎが少ないと言っているのか?」

と責められている気分になるのですね。

ですから、

「(オレは一生懸命働いているんだから)

お金の問題はオレのせいじゃない!」

となってしまうのです。

ですから、あなたが主婦として
家計を預かっている身なら、
旦那さんにお金の話をするときに、

「お金が足りない」

という趣旨の話ではなくて、

「将来のために、お金を
もっと有効に使うために協力して」

という姿勢で話をしてみてください。

女性は心配性だから、
不安なことから話しがちなのですが、
それでは、旦那さんに伝わらないのです。

そもそも、

夫婦間でお金の話を
気軽にできないことが問題です。

結婚されている方は、
きちんと冷静に話せるように環境を作り、

これから結婚する方は、
今のうちから、お金の話をタブーにしないよう、
関係を作りましょう。

そのためには、
女性にも、ある程度お金の知識が必要ですよ。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る