母親に株を勧められている? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

先日、ハワイから帰国しました。

ハワイは常に晴天で、
今回はほぼ毎日ビーチに行ったので、
大分日焼けしました(^^;)

それも良い思い出です。

さて、ハワイには、
何人か友人がいるのですが、

その一人が、
コナちゃんという
女の子です。

彼女は、
両親ともに日本人ですが、
ハワイ生まれのハワイ育ち、

見た目は日本人だけど、
中身はハワイアンです。

そんな彼女とは、
今回も食事したのですが、
私の仕事の話になった時に、

私が、
「投資を教えている」
ということを言うと、

「投資かぁ、
母親が、やれやれっていうやつだね」

と言っていました。

つまり、コナちゃんは、
母親から投資を勧められている
特に株をやれと言われている、
ということなのです。

日本では考えにくいですよね、
母親が娘に投資を進める、
というのは。

大体は、
「投資なんて危ないからやめておきなさい」
と逆のことを言われるでしょう。

文化の違い、ということでしょうね。

しかし、それによって
保有資産にも違いが出ます。

親に
「危ないもの」
と教えられるか

「やった方が良いもの」
と教えられるかで、

全く印象が違いますから。

資産を築くには、
周りの環境も大事ということです。

あなたの周りに
投資の話ができる環境が無いなら、
投資を学びともに学べる環境を
手に入れましょう。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る