あなたにとって最大の資産とは何か? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

以前にもお伝えしましたが、
明治大学で講座を開催します。

今年で3年目になりました。

社会人向けの講座なので、
どなたでも参加できます。

この講義は、

「激動するグローバル時代の
マーケティング戦略」

というテーマの講義で、

私を含めた10名の講師がそれぞれの
専門分野を講義します。

他の先生方の講座も興味深く、
ベテランぞろいの素晴らしい方々ですので、
是非、聞いてほしいと思います。

全10回の講座で、30,000円と
とってもお得です!

今年は、
こちらからお申込みいただいた方へ、
非売品の小冊子

「初心者のためのお金が貯まる
7つのポイント」

をプレゼントします。

小冊子は講義の時にお渡ししますね。

講座の詳細と申し込みはこちらからどうぞ。

⇒ https://academy.meiji.jp/course/detail/4458/
※明治大学のサイトです。

さて、今日は、
資産を築くのに必要なこと、
という話をします。

「資産」というと、
あなたは何を思い浮かべるでしょうか。

不動産、土地、ファンド、株、現金、

イメージは様々だと思いますが、

私が考える「資産」とは、

「お金を生みだしてくれるもの」

です。

上記どれでも資産になりうるし、
そうじゃない場合もあるわけです。

現金であっても、
10%の利息が付く預金であれば、
お金を生むので資産と考えられますが、

今の日本のように、
0%の金利では、
到底資産とは言えない訳です。

もちろん、現金も大事ですから、
だからと言って、
現金を全て投資するなどは止めてくださいね。

では、お金を生みだす「資産」
を作るにはどうすればよいのかということです。

まず、どの資産をどのくらい持つか
という配分も人それぞれ違います。

一般的には、
金融資産は、現金、投資信託、株を
30%ずつという考え方はありますが、

それも、年齢や金額、
期待する利回りによっても違います。

また、不動産を持つべきかと言われると、

不動産は良い資産になりますが、
収益化して投資を回収する時間を考えると、

やはり、年齢と今の資産状況にもよります。

つまり、

どの資産をどのくらい持つか、
ということを決めないと、
対策も立てられないということです。

そして、
その方針を決めるためにも、
まずは、基本的な投資の知識が必要です。

それぞれの資産のメリットデメリット
ということを理解しないと
方針も決められませんからね。

方針が決まれば、
やり方は、それぞれ比較的簡単です。

詳細はまた別の機会にしますが、
正しいやり方を身に着ければ
資産は作ることができます。

ですから、

どの資産を持つかということよりも、

自分に合った資産を決めて、
それを築く方法、知識を身に着けること、

それが大事だということです。

まずは、そうした知識を持ちましょう。

そして、その知識こそが、

あなたにとっての

「最大の資産」

になるのです。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る