北海道で家族旅行 by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

昨日から北海道に来ています。

毎年恒例の、
家族旅行です。

家族と言っても、
私のビジネスパートナーの
仲村さんちの家族旅行です。

ありがたいことに、
仲村さんちの旅行に、
いつも便乗させてもらってます(^^;)

仲村さんとは、
起業当初から一緒に仕事をしていて、
もう12年ずっと会社を経営しています。

彼女は、
大学生の娘さんがいて、
女で一つで子育てしている
シングルマザーです。

そして、
仲村さん自身も
10歳の時にお父様を亡くされて、
母子家庭で育った苦労人です。

何しろ、
仲村さんは6人兄弟ですから、
お母さまは大変な苦労をされただろうと
思います。

だからというわけではないかも知れませんが、
仲村家は本当に皆さん、
やさしくて温かい方々なんです。

そんな皆さんと
北海道へ来ています。

札幌は意外に?暑くて、
昨日も今日も汗だくです。

さらに、
北海道に来てからというもの、
お店に入ってもあまりエアコンが効いていない、、、

気のせいかもしれませんが、
若干、冷房弱めにされているのでしょうか。

沖縄や香港などの
もともと暑い地域だと、
冷房をガンガンかける
のが当たり前なのでしょうが、

涼しい地域では、
暖房はガンガンでも
冷房は弱めなのかもしれませんね。

やはり、基準が全てを決めるわけです。

涼しい地域の冷房と
暑い地域の暖房に
あまり価値を感じないのは、
それぞれの基準が違うからです。

何が正しいということではありません。

お金のことも同じです。

多くの場合、

親が投資をしていると
子供も当然のように投資をします。

逆に、
親が投資を嫌っていると
やはり子供も投資を避けます。

でもそれは、
環境の問題であって
何が正しいということではないのです。

大事なのは、
今の環境に合わせた設定です。

猛暑の今年は、
冷房強めが良いですし、

香港で100年ぶりに雪が積もったら
暖房を付けないと寒いです。

あなたのお金の基準は、
大人になったあなたなら
自由に決めることができるのです。

投資は危ないとか
貯金だけで良いとか、

言われてきたことが
果たして今の環境に適しているのか?

まずは、これまでの基準に縛られず、
いろんな基準を見て知ること
から始めてみてはいかがでしょうか。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る