【1人旅シリーズ】東南アジア編vol.6 マレーシアへ!

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

さて、このところ、
私の大学時代の
1人旅シリーズを書いています。

昨日までで、
タイのタオ島で
スキューバダイビングの
ライセンスを取得したところまで書きました。

この時以来、
私はスキューバダイビングにハマっていて、
もう20年以上趣味として続けています。

これまでに潜った本数は
100本以上で、
いろんな海に潜りました。

機会があれば
ダイビング話も
いつか書きますね。

さて、1人旅は、
タオ島を出て
いよいよマレー鉄道へと向かいます。

マレー鉄道とは、
タイからマレーシアを通ってシンガポールまで
マレー半島を縦断する鉄道で、
ローカル列車ですが、
途中下車しながら3か国を廻れるのです。

すごくないですか!?

ということで、
私は切符を買って列車へ乗り込みました。

どの駅から乗ったのか忘れましたが、
観光客がほとんどいない
列車に揺られて移動し、
タイの国境から程近い

コタバルという待ちで下車しました。

というのも、

マレーシアには
「プルフンティアン島」
という島があって、

そこでは、ウミガメの産卵が見られる、

と、当時の私のバイブル
「地球の歩き方」
に書いてあったのです。

そこに行こう!

と決めて最寄りの都市に行きました。

それが、コタバルです。

しかし、そこで衝撃の事実が!

ということで、
続きはまた次回に書きますね。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る