【1人旅シリーズ】東南アジア編vol.12 逃げるが勝ち

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

さて、昨日の続きです。

マレーシアのプルフンティアン島
スモールアイランドの小さなコテージに
泊まった私たちは、
恐怖の一夜をやり過ごし
気づけば朝になっていました。

アキさんと一緒に
ドアに耳をつけて
外の様子を伺ってみると

遠くから聞こえる笑い声や
話し声、鳥の声、

普通の朝の音でした。

そ~っとドアを開けてみると・・・

快晴の朝のビーチは、
空も青くて海も透き通っていて

浜辺を散歩している人や
日光浴をしている人

まさに、ビーチリゾートの朝

という感じ。

昨日のことが
本当に夢だったのかと
思いましたが、
アキさんも同じ恐怖を味わっているので、
夢ではないのです。

私たちはいろんな人に聞いてみましたが、
夜中に変な声を聞いた人はおらず、

離れたコテージで寝ていた大ちゃんも
「全然、何も聞こえなかったよ」
というし、

地元のビーチの警備員室みたいなところで
夜の出来事を話してみましたが、

「さあ?わからないな。
一応、調べてみるね」

という反応で、

何だか、拍子抜けしました。

でも、その日は誰も
船で出入りしていないはずなので、
犯人がいるとしたら、
まだ島に居るということになります。

あんまり騒いで目立つのも嫌なので、
何事もなかったし、
気にしないことにしました。

気持ちを切り替えて、
ビーチで遊んでいると、

朝の船が着いて、
何人か日本人観光客が降りてきました。

話していると
コタバルから来たという女性たちは、
私と同じ宿に泊まっているとのことでした。

そして、

「そういえば、宿のオーナーが
今日の午後にこの島に来るって言ってたよ」

・・・出たぁ!!( ゚Д゚)

すぐに、アキさんと大ちゃんに話して、

「まさか、私を連れていく
ということはないと思うけど、
怖いよね」

「じゃあ、すぐに船でコタバルに戻ろう」

ということになり、
オーナーが島に来る前に、
さっさと荷物をまとめて逃げました!

コタバルに着くとすぐに
ホテルへ行ってチェックアウトし、
私は別のホテルへチェックインしました。

幸い、オーナーには会うことはなく、
新しいホテルもコタバルの郊外にしたので、
もう大丈夫。

翌日はアキさんと待ち合わせて
マレー鉄道でコタバルを離れることにしました。

大ちゃんも心配して着いていこうかと
提案してくれましたが、
方向が違ったので、遠慮しました。

ということで、
コタバルはほとんど観光できず(^^;)

きっと、賑やかで楽しい街だったと思います。

この話は20年以上前の話だし、
コタバルは危ない街ではないですからね。
念のため。

明日からは、しばらくアキさんと一緒の
バックパッカー女子旅!

続きはまた次回書きますね。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る