良い保険とは何か?  by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

まずは、お知らせからです。

私が主催する
コンサルティングFP養成講座2期生の
伊藤幸子FPが

子育てするママのために、
教育資金と老後資金を両方貯める
簡単な方法をお伝えします。

無料オンラインセミナーで
私もナビゲーターとして参加します。

ママ必見です!

================

月々3万円で教育費を貯めながら
少額投資で老後資金4000万円を作る方法

⇒ http://consultingfp.com/item/106323/10160/

================

さて、
今日は、毎月恒例の
有料会員向けセミナーでした。

今回のテーマは、
「保険の仕組みと見直しについて」
話しました。

私は、独立前に
外資系の保険会社におりましたので、
保険は得意です。

ですから、
保険の見直しの相談を多く受けますが、
その中で思うのは、
多くの人が間違った保険に入っている
ということです。

でも、実は、保険の仕組みは簡単です。

その簡単な仕組みさえわかれば、
自分でも見直せるのです。

ということで、
今日は仕組みの話をしていました。

セミナーでも話したのですが、

保険選びで間違ってしまう一つのポイントは、

「得する保険に入りたい」

という思いが強すぎるとダメだということです。

もちろん、お得な保険は嬉しいですが、
実際のところ、
得すると思っていても、
他の部分で損していたりします。

保険料の計算過程を考えると、
各社でそれほど変えられるものではないので、
コストを抑えて価格を下げる以外に、
値下げするのは難しいのです。

そうなると、コスト以外で
保険料を下げた分は、
どこかの保障が削られる
ということになります。

つまり、安い保険に入っても、
その分保障が少ない、
ということになりかねないということです。

また、高い保険だから良い
ということもありません。

では、何が良い保険選びのポイントか
というと、

支払う保険料で、

最大限必要な保障がカバーできていること、

なのです。

となると、
必要な保証とは何か、
それをカバーする保険はどれか、
ということが問題になるのですね。

そういう視点で選び、
見直しをしてみてくださいね。

安いから、とか、
お得だと言われたから、
という理由では、
何かが抜けている可能性が高いですよ。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る