損しないことと利益を出すことは別のこと by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

今日も大阪からお届けします。

この数日涼しくて、
これまで暑いくらいの気候でしたから
余計に寒く感じます。

服装にも迷いますよね。

風邪などひかないように、
皆さんも体調管理にはお気をつけください。

さて、今日は、
「損したくない」、という感情について書きます。

いつも話していることなのですが、

多くの人は投資を始めると

「損したくない!」

という気持ちが強くなります。

それは別に構わないのですが、
投資を始めた理由を考えてみてください。

それは、

「利益を出したい」

ということですよね。

なのに、投資を学んでいないと

利益を出したい<損したくない

というバランスになってしまって、
とにかく、損しないようにと考えがちなのです。

するとどうなるか?というと、

「手数料が低いものが良いと考える」

「マイナスになったらすぐに売却する」

「価格が下がってくると怖くて投資できない」

となるのです。

その考え方は、実は、
利益を出すための行動と
正反対になってしまうのです。

だから、多くの人は
投資で利益が出せないのですね。

そうなってしまう原因としては、

「投資」をするための考え方と

「お金を貯める」ための考え方を

混同してしまっているからです。

投資は投資の考え方を
きちんと学ばないといけません。

損をしない、は、
利益を出すとは違うことなのです。

覚えておいてくださいね。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る