投資の際の「もったいない」は?  by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

今日は、朝からどしゃぶりで、
通勤時間に降っていた方は、
大変でしたね。

私も朝から外出でしたので、
足元が濡れてしまいました(^^;)

そんな時もありますよね。

さて、今日は、
昨日に引き続き、
お金を使うときの思考について書きます。

マインドセットとも言いますね。

結局のところ、
お金持ちになれるかどうかは、
この「思考」のパターンによって決まります。

今、あまりお金が無い人もご心配なく、
思考のパターンは、
いつからでも変えられますので、

今から思考を変えれば、
未来は変わりますよ。

お金持ちになれない人、
お金が貯まらない人は、

「もったいない」

という思いが強い、
と昨日は書きました。

投資においても同じです。

もったいないという気持ちが強いと、
投資をするときにどうなるか?

それは、

「手数料を払いたくない」

というところに現れます。

投資をするときの手数料を
少しでも安くしようとするのですね。

中には、

「手数料の安い投資信託を探してます」

なんて人もいらっしゃいます。

「それの何がおかしいの?」

と思われましたか?

これは、大きな勘違いです。

投資をするときに、
お金持ちになれる人は、

「利益が出る投資を探す」

のですが、

お金持ちになれない人は

「損をしない投資を探す」

のです。

そして、
「手数料が安ければ
たとえ利益が出なくても損しないよね」
と考えてしまいます。

これでは、投資をする意味がありません。

手数料は置いておいて、
まずは、「利益のでる投資」を探すべきです。

そのうえで、もちろん、
「手数料は安い方が良い」、
のです。

これも優先順位の問題で、

順番を間違ってしまうと、
本末転倒、

何のために投資をしているのか
分からなくなってしまいますよ。

少なくとも、
あなたが投資をする目的は、

「手数料を安くする」

ことではなく、

「利益を出すこと」

ですよね。

その点を忘れないようにしましょう。

「もったいない」の呪縛は
こうしたところにも出てくるのです。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る