投資とギャンブルの違いとは? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

先日、箱根に行ってきました。

昨日は箱根で雪が積もって
大変そうでしたが、
私たちは雪が降る前に帰りましたので、
ぎりぎりセーフでした(^^;)

車で行ったので、
あと1日遅かったら、
大変なことになっていました~

相変わらず強運でした。

さて、今日は、

投資とギャンブルの違いについて
書きます。

これまでにも何度か書いていますが、
このところの株価下落で、
投資とギャンブルの違いが
分からなくなっている人が多いようです。

まず、投資とギャンブルの大きな違いは、

「止める時期を自分で決められるかどうか」

です。

ギャンブルは、例えば競馬などは、
1レースごとにどの馬が勝つか賭けて、
そのレースが終わった瞬間に、
勝ち負けが決定します。

ルーレットやポーカーなども、
ゲームが終われば勝敗が決定します。

しかし、
投資信託や株などは、
いつ止めるか、は投資家次第です。

だから、リスクを回避できるのですね。

つまり、

今のように、株価が下がってくると、
例えば株を持っていたりして、
どんどん損失が大きくなってしまうように
見えますが、

そこで止めなければ、
つまり売却せずに持っていれば、
損失が決定することは無いのです。

誰かに勝手に売られることはありません。

それなのに、
「持っている株の株価が下がってきて、
もう私はどん底です」
見たいな方がいらっしゃったりします。

そういう方は、
投資とギャンブルを
混同しているのかもしれませんね。

状況は常に変わります。

株価は、上がれば下がるし
下がれば上がるものです。

長い目で見て、
目先の増減には惑わされないようにしましょう。

同様に、株の場合は、
値上がりしたら売らないとダメですよ。

値上がりすると逆に、
売らずにずっと持っておこうと
考える人が増えますからね。

しっかりと頭に入れておきましょう。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る