【1人旅シリーズ】スイス・フランス編vol.6 パリで感激したこと by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

今日は、
全国投資実践会で名古屋へ行きます。

東京以外での開催も
どんどん参加者が増えてきて、
嬉しい限りです(^^)/

今日も頑張ります。

さて、このところ、
お金の話は一時休憩して、
私の大学時代の一人旅のことを書いています。

フランス滞在は3日くらいでしたが、
限られた時間で私が
どうしてもやりたかったことが3つありました。

それは、

シャンゼリゼ通りのオープンカフェで
カフェオレを飲む

ベルサイユ宮殿に行く

ルーブル美術館に行く

の3つです。

王道ですね。

でもその前に、
フランスに来て大感激したことがありました。

それは、

クロワッサンが美味しすぎる!こと。

止まったホテルには朝食がついていて、
クロワッサンとチョコパンが
食べ放題でした。

何てことない安宿で
本当に普通の食堂見たいなところで
パンが無造作に置いてあるだけの
朝食なのですが、

クロワッサンが異常に美味しいんです!

この感動がどれだけ伝わるか
分かりませんが、
20年以上たった今も
美味しすぎて感動したことを
覚えているくらいです。

どうしてなのか、不思議です。

きっと、水とか湿度とか
そんなとこでしょうが、
日本では食べられない味でした。

それで、
朝に3つくらいクロワッサンを食べて
結構おなか一杯のまま
シャンゼリゼ通りへ行き、

オープンカフェに入りました。

残念ながら
通り沿いの席が空いていなくて
店内の席に通され、

皆フランス語を話しますから、
私の英語はあんまり通じないのですが、

一応、

「通り沿いの席に座りたいんだけど
席が空いたら移っていい?」

と言ってみたら、

とってもきれいなお店の定員さんが
案内してくれました。

オシャレなお店で
全然オシャレじゃない私でしたが、
雰囲気には浸れました。

緊張して味は忘れたけど、
達成感は味わいました。

そして、その後に
バスへ乗ってベルサイユ宮殿へ。

到着してすぐに、
有名な「鏡の間」へ。

大きな鏡のある部屋も
それにつながる廊下も
本当に綺麗に装飾されていて
豪華絢爛という感じでした。

一人旅をしていると
スマホもなくて
自撮りも浸透していない時代ですから
自分の写真は撮れない訳ですが、

鏡の間では、
鏡に映る自分を写真に撮りました。

その写真が、
唯一、一人旅で自分が写っている写真でした(^^;)

すっごく変な写真ですが、
良い思い出です。

壁や天井の絵画も素敵でしたが、

庭が本当に素晴らしかったです。

ブリティッシュガーデン
というのでしょうか

植木がきれいに手入れされていて、
真ん中に噴水があって、
バラなどの花も咲いていました。

天気も良かったので
映画のセットのように
美しい景色でした。

ベルサイユ宮殿も堪能して
パリへと戻り2日目は終了しました。

パリはとても見ごたえがありました。

ちょっと長くなったので、
続きはまた次回に書きますね。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る