【1人旅シリーズ】スイス・フランス編vol.5  飛行機での出会い by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

昨日から東京は雪が降っています。

出勤の際は
皆さん、滑ったりしないように
気を付けてくださいね。

さて、このところ、
お金の話は一時休憩して、
私の大学時代の一人旅のことを書いています。

スイスで友人のトーコと
スキーなどをして遊んでから、

その後、1人で飛行機へ乗りパリへ飛びました。

飛行機と言っても、スイスとフランスは近いので、
2時間弱のフライトだったと思います。

フランスのドゴール空港に到着し、
飛行機から降りて、
空港までバスに乗りました。

時々ありますよね、
飛行機が滑走路に止まった場所が、
空港の入り口から遠くて、
バスで移動して
入国審査の建物まで行くとき。

それで私は身軽ですから、
飛行機から降りて、
すぐにバスに乗って座って
出発を待っていました。

しばらくすると、
60代くらいの日本人女性が
一人でバスに乗ってきました。

その女性は、
足が痛いのか階段を上るのも辛そうで、
荷物も重そうでしたので、
私は立ち上がって荷物を持って上げました。

その時の飛行機で日本人は
私とその女性だけでしたので、

何となく親近感もあって
バスに乗っている間話していると、

その女性は、
娘夫婦と一緒にパリに住んでいて、
日本に一時帰国して、
また戻ってきたということでした。

私が一人旅をしている、
というと、

「一人だなんて、
ご飯はどうするの?

親切にしてくれたから
一緒に食事に行きましょう!!」

と何だかとても気に入ってくれたようで、
食事に誘われました。

確かに、
スイスでも一人では食事が
楽しくなかったので、

悪い人でもなさそうだし、

「じゃあ、ホテルを探して
チェックインしたら連絡していいですか」

と言って、
連絡先を交換したのです。

こういう出会いが
一人旅の楽しいところですよね。

ということで、
ホテルで荷物を置いて、
その女性に連絡をしたら、

「レストランを予約したから来てね」

と言われました。

よく1人でたどり着けたなと思いますが、
私は、ちゃんと約束の場所に行けたんですね。

そこでは、
その女性と娘さん夫婦が待っていてくれて、
小さなかわいいレンガ造りのレストランで、

フランスの家庭料理という感じのお料理を
4人で楽しくいただきました。

そこでは、生まれて初めて

「エスカルゴ」

を食べました!

カタツムリだよ、と言われると
ちょっと躊躇はありましたが、

見た目は貝みたいで、
食べてみるとガーリックが効いていて
とても美味しかった記憶があります。

でも、その娘さん夫婦のお二人も
飛行機で出会っただけの学生と食事するなんて、
迷惑だったろうなぁ

と思いましたが、

私は美味しい食事にありつけて、
良い思い出になりました。

多少の図々しさは必要かもしれませんね。

その時の女性には本当に感謝しています。

それで、フランス1日目は終了し、
ホテルに帰って休みました。

フランスではやりたいことが3つありました。

それは、、、、
また次回書きますね。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る