【1人旅シリーズ】留学編vol.6 なぜ人と比較するのか? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

さて、ここまでの話を簡単にまとめると、

ボストンへ6週間の語学留学へ行き、
世界中から来ている学生とともに
英語を学ぶプログラムへ参加したものの、

全く英語を話さず、
日本人の友達とつるむばかりで
落ち込んでいた、
というところまで書きました。

そんな時、
3週間が過ぎたところで、
多分中間発表のような?

留学生全員が集合し、
交流会がありました。

世界各国から
多分40人くらいだったと思いますが、
一堂に集まりました。

私が一番の落ちこぼれ女子

だったとすると、

もう一人、中国から来た男の子で、
全く英語が話せない子がいました。

多分、私と同じ年くらいだったと思います。

話したこともなく、
名前も知らないのですが、
仮に王くんとします。

最初から、私か彼かというくらい、
落ちこぼれレースのトップを
争っていたのですが、

王くんは、
授業でも変な質問ばかりするし、
文法もわかっていないし、
過去形も使えないので、

「私は、王くんよりは
まだマシだ」

って思っていました。

よく考えると
私は嫌な奴ですよね。

誰かと比べて、
その人よりは勝っているとか、

英語を習得しに来たのに、
そのクラスの中で最下位か
そうでないかなんて
全く意味が無いのに。

変なプライドがあったと思います。

でも、そのプライドも打ち砕かれます。

それは、
3週間目の交流会の時に、
なんと、その王くんが、

大学スタッフと楽しそうに
英語で話しているのです!!!

「え?!どうして?
いつの間に話せるようになったの?」

と思いました。

そして、そ~っと
会話をしているところへ近づいて
聞き耳を立てると、

王くんの英語は、
文法とか過去形とか、
複数形とか、

全くムチャクチャなのに、
話は通じているのです。

そして、そうしてムチャクチャでも
英語を話すことによって、
周りのスタッフは、

「その発音はこうだよ」

とか

「その単語はこういうんだよ」

とか、

周りも教えてくれるんですね。

そうやって、彼は、
気づけばかなり英語をマスターしていました。

そこで思いました。

私は何をしているんだろう?

あんなに頑張ってお金を貯めて、
英語を学ぼうとボストンまで来たのに、

このまま帰ったら、
ただ単に高いお金で旅行に来たのと
何も変わらない!

と。

栄養失調からも回復し、
もう一度気合を入れなおし、

もう待ったなしの状態で
残りの3週間はとにかく英語を話す、
と決めました。

間違っても、通じなくても、

英語を話すという行動をしない限り、
どんなに教科書を眺めても、

英語は話せないんだと実感したのです。

それからは、
もう、発音が変でも、
文法がめちゃくちゃでも、
単語が間違っていても、

とにかく、どんどん英語を話しました。

見栄や外聞なんて
関係ありません。

そんなとき、
またまた、救世主が現れたのです!

とうことで、
続きはまた次回書きますね。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る