30歳から差が大きくなる by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

明日はクリスマスイブ!
ということで、何となく街も華やかな感じがしますね。

イルミネーションを見ているだけで
何となくワクワクする今日この頃です。

さて、今日は、
貯金額の話です。

これまで私のスクールでは
累計1500名くらいの方が学び、
相談に来られていますが、

貯金の相談を受けていると
30歳くらいから大きく開きが出てきます。

おそらく、
社会人としてお給料をもらい始めて
10年くらいで貯金額に差がでる
ということだと思います。

20代は給与にも差がないことが多いし、
スタートラインでは資産状況も変わらないので、

少しずつ貯金額に差がついてきて、
10年経つとその差が歴然となります。

新入社員の時から
コツコツ貯め続けた人は、
30歳で1000万円くらい貯めている人もいます。

中には、35歳で2000万円貯めた
という方もいました。

この両名とも、
高給取りということではなく、
派遣社員として働く女性でした。

その一方で、
40歳で貯金が0円という方もいます。

しかも、年収1000万円なのに
貯金が0円という方も中にはいます。

こうした差は、
収入の違いよりも習慣の違いです。

あればあるだけ使う人は
どんなに収入が増えても
手元にお金が残らないのです。

10年かけてついてしまった差を
取り戻すにはその先10年、
2倍以上の努力が必要です。

そして、20年かけてついてしまった差は、
その先20年の努力が必要とすると、

あなたは老後までに
あと何年ありますか?

時間がたてば経つほど
差は大きくなり、

その差を埋めるのに
より多くの労力が必要になります。

だから、お金の使い方を見直すなら、
先送りせずに、今日から変えていきましょう。

そうしたら、
来年のクリスマスは違った状況で
迎えられると思いますよ。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る