香港の制度と日本のNISA by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

昨日から香港に来ています。

今年3回目の香港ですが、
11月は暑すぎず寒すぎず、
ちょうどよい気候です。

相変わらず、ホテルや百貨店などの
建物の中は寒いですが(^^;)

さて、
香港に来て毎回思うのは、

「活気がある!」

ということです。

香港の人達、
香港にいる人達は
本当に元気があります。

町を歩いていても
人が多いこともありますが、
エネルギーが溢れている感じがします。

そして、投資も活発です。

先日も書きましたが、
香港では国民が投資をするのが当たり前で、
老後の資金は運用して作るということが
常識なのです。

そのための商品も
本当に充実しています。

投資金額や期間が様々で
それぞれの人のニーズによって
選べる商品が多種多様なのですね。

ここが日本とは違うところです。

もう一つの違いは、
香港では運用している間の利益には
税金がかからないということです。

実際のところは、
投資の利益には全く税金がかからないのですが、
日本人が香港で投資をする際は、
投資が終わったら税金は払う必要があります。

でも、投資をしている間は
税金がかからないのです。

良いですよね。

しかし、この仕組みは、

実は、

「NISAでも同じなのです!」

もちろん、商品内容は違いますが、
仕組としては同じことです。

多くの人は、
こうした制度のメリットが
ちゃんと理解できていないのですね。

日本でも香港でも、
他の国でも同じですが、

その国の制度をちゃんと理解して
もちろん、合法的に、
うまく活用して自分の資産を守る必要があるのです。

制度は使わないと何もメリットが得られません。

だから、ちゃんと制度知りましょう。

そして、最大限活用しましょう。

といっても、
制度ってなんかわかりにくい、

という人も多いので、
29日に詳しく解説しますね。

来週水曜日は、21時から
是非、見てくださいね。

=================
 
11月29日21時から
 
NISA完全解説
お得に投資を始めて
7年で資産を倍にする方法
 
無料オンラインセミナー
 
⇒ http://bluestone-ac.com/item/4447/9954/

 
=================

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る