宵越しの金は持たない主義 by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

今日は大阪へ行きますが、
台風の影響が心配です。

今年は週末ごとに台風が来て
外出の予定を立てている方は
大変ですよね。

お出かけの際は
お気をつけください。

さて、今日は、
お金を貯める話です。

全く貯金をしていない人の中には、

「いつ死ぬかわからないから、
今あるお金は今使う」

という人がいます。

どうしてそうなるのか、
私には理解できませんが。。。

「いつ死ぬか分からない」なら、

長生きする可能性もあるわけです。

統計的に言うと
寿命までは生きると
考えておくのが妥当です。

そして、

年齢を重ねるほど
体力的に衰える、
ということも自然の原理として
可能性が高いです。

とすると、

「いつ死ぬか分からないから
先々、働かなくても良いように
資産を作っておこう」

と考えるのが、
最も妥当ではないでしょうか。

今あるお金を今、全部使ったら、
生き続ける以上ずっと働くことになります。

もちろん、
「今を楽しむ」ことも大事です。

「今」も「将来」も両方楽しく過ごす、
そのためにお金を使う方が
賢いと思いませんか。

「そんなこと、当たり前でしょ」、

と思われるでしょうか。

確かに当たり前のことです。

では、その当たり前のことを
当たり前に、できているでしょうか。

当たり前のこととして、
やろうという努力をしているでしょうか。

突然、大金を投資するという
話ではありません。

あなたができる範囲で、
できることを、当たり前にやる、

それが、大事なことだということです。

「今使うお金」

「将来使うお金」

を分ける、ただそれだけです。

江戸時代ならともかく、
寿命が延びて、社会も安全で、
セキュリティの高い住宅がある現代では、

「宵越しの金」を持つのが常識ということです。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る