日本人によくある勘違い by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

先日ご案内しました、
新しい投資プログラムですが、

年明けから説明会の申し込みを受け付けます。

このプログラムは、
私が直接講義をして、
3か月で投資ができるようになる、

いわば、投資基礎全集の
実践講座です。

一人では、なかなか投資が始められない
という方は、是非、参加してください。

私が直接教える講座は、
これまでに行っておらず、
個別相談よりも長い時間指導しますので、
内容が濃くて、かなり効率よく学べます。

ただ、それだけ力を注ぎますので、
それほど多くの人は募集できないし、
私が時間を使うので
受講料も安くはありません。

ですから、
本当に本気で投資を始めたい!
本気で学んで運用したい!
という方にのみ参加してほしいと思います。

内容は、説明会で確認してくださいね。
年明けから、日程と場所を公開し、
説明会の受付を開始します。

さて、今日もいただいた質問にお答えします。

Q:
投資信託で10%ものが、あるのでしょうか?
日本のは、手数料が大きく、
また投資年がせいぜい15年くらいで、
どれくらい複利でできるものなのか
実情をしりたいです。

A:
日本の投資信託でも
10%で運用できるものは存在します。

そして、
海外の投資信託の方が手数料は高いです。

投資する期間は、3年~5年くらいになると思いますが、
買い替えをしながら20年の運用も可能です。

しっかりと仕組みを学んで
リスク管理をしながら運用すれば、
日本でも十分に資産は築けると考えています。

実際に、スクールの生徒さんで
投資を学んで10%の利回りを出している人は
たくさん存在しますよ。

実は、同じ様な質問は多くありまして、

なぜか、日本の投資信託は、
・手数料が高い
・利益がでない
・運用期間が短い
という勘違いをしている方が多いようです。

実際のところは、すべて正しくありません。

私は、海外の投資信託の相談も受けていますが、
アメリカやヨーロッパでは、
投資信託(ファンド)への手数料で
年間2%~3%くらいはかかります。

購入時手数料でも
数万円かかることも珍しくありません。

また、私は、
利益が出るのであれば
投資信託の手数料は高くても
構わないと考えています。

手数料が安い=良い投資信託
ということは無いのです。

投資の目的は、
投じたお金を増やすことです。

その目的を見失わず、
しっかりと選んで運用しましょう。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

=====================

p.s お金が増えるメールマガジン
  今なら無料レポートプレゼント中!
 「今すぐ実践できる
 毎月コツコツお金持ちの秘密の投資メソッドとは」
⇒ https://money-info.jp/7steps/

その他得するお金情報もたくさん掲載中
まずは、ご覧ください。
⇒ https://money-info.jp/

=====================

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る