年金をもらうまで10年しかなくても by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

今日は、丸の内で
私の40歳のバースデイパーティを
友人達が開いてくれることになっています。

どうせならたくさん集めちゃおう、
ということで、お世話になっている人を中心に
声をかけていて、

なんと、80名を超える方に
参加表明いただいているようです。

ありがとうございます。

会場は100名まで対応できますので、
もし、今日の19時からたまたま空いている方は、
是非、飛び入りで参加してくださいね。

詳細はこちらです。
https://www.facebook.com/events/1512371342419113/

さて、今日もいただいた質問にお答えします。

Q:
すでに年金受給まで10年しかない年齢ですが、
今から学んで何とか今後に活かせることになりますでしょうか・・・。
ホントに初心者なので。

A:
もちろん、今後に活かせます。
むしろ、運用の仕方を知らずに年金生活になった場合、
生活費は年金と貯金のみとなります。

これからインフレ、つまり、物価が上がる時代ですから、
預貯金だけでは確実に生活レベルは下げざるを得なくなります。

そして、預貯金を切り崩すだけの生活は、
不安が大きく、その上物価が上がり負担が増えるので、
先細りの老後になりかねません。

また、それを打開しようと、
60歳から運用を始めるのもリスクが高いです。

初心者は損をする可能性も高く
年金生活ではそれが死活問題になるからです。

だからこそ、
早い段階で運用を習得し、
年金生活になるときには、すでに、
投資経験を積んでいてほしいのです。

そうであれば、
老後は、年金と、
リスクを抑えた運用と
預貯金で賄うことができるからです。

もちろん、早く始めるに越したことは無いですが、
だからと言って、投資を学ばない理由は無いし、
投資を学ぶのを先送りする理由はさらにありません。

是非、気づいたときから
学んで欲しいと思います。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る