100万円が130万に? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

お盆ですね。

気付けば、商店街も休みのところが多く、
夏休みなんだな~と思いました。

私は、今週末で原稿を書き上げないといけないので(^^;)
頑張ります~

さて、先日、日経WEB版を読んでいたら、
日本人の資産における外貨比率、が載っていました。

それが、なんと、2.6%しかないということです!

確かに、日本人は資産のほとんどが円であることが多いのですが、
それにしても少なすぎますよね。

更に、どんどん円安になっている今、
円預金の資産価値は待った無に低下しています。

と書いてもピンと来ないと思うので、
もう少し具体的に考えてみましょう。

例えば、この3年で円の価値は30%以上低下しています。

1ドル80円から1ドル124円になったのですから、
それは分かりますよね。

となると、ドルに換算した場合には、
3年前の100万円は、
現時点で70万円に目減りしているということです。

ざっくりとした計算ですが、イメージできたでしょうか。

また、物価も上がっている上に消費税も上がっているので、
その点でも円の価値は下がり続けます。

3年前を基準とすれば、消費税は3%、物価は1%強上がったので、
100万円は現在96万円に目減りしているということです。

頑張って節約しても、
こうした物価情報の影響は無条件に降りかかります。

では、3年前に100万円をドルに替えていたらどうなるでしょう。

それは、実に、130万円以上に増えていることになるのです。

この差は大きいですね。

知っているかどうかでこれから5年後には、
更にさが広がりますよ。

分からないと敬遠せずに、
少しずつでも学んで行きましょう。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る