元の切り下げ?為替レートの考え方 by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

先日、人民元の切り下げのことを書きましたが、

「通貨の切り下げと切り上げのイメージが
イマイチ分かりません!」

という声を複数いただきました。

為替レートに関しては、
感覚的に逆の動きをするので分かりにくいのですね。

1ドル=80円なら円高で、
1ドル=124円なら円安、

って金額上がってますけど?

ということになります。

これは、ドルを基準に考えるから
理解が難しいのですね。

円を基準に考えると、

1円=0.0125ドルは円高
1円=0.008ドルは円安ですね。

これは、先ほどのドルを基準にした
レートと同じことなのです。

ただ、円を基準に考えると
小数点以下の数字になるので
分かりにくい、ということで
他の国も同様ですが、
ドルを基準に考えるのが普通です。

もう一つの考え方は、
円ドルレートなら、

ドル安円高、
ドル高円安、

となるわけですから、
ドルが高いか安いかを基準に考えると良いでしょう。

そうすると、

1ドル=80円ならドル安円高で、
1ドル=124円ならドル高円安、

となって分かりやすいですね。

元の切り下げということは、
ドル高元安になるということです。

元が一方的に下げていますから、
当然、他の通貨に対しても安くなることになります。

円に対しても元が安くなるということです。

こうやって考えると、
世界の通貨は全て関連していて、
上手くできているな~と思います。

為替の面から世界を見るのも
一つの視点として面白いですよ。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る