何故、円安だと株価が上がるのか? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

今日は、円安と株価について書いてみます。

今、日本は円安傾向ですが、
その影響で株価が上がっていると言われています。

そもそも、どうして円安だと株価が上がるか、ご存じですか?

実際のところは、株価が上がっているというよりは、
日経平均株価が上がっているということなのですが、

それは、日本企業の特色と日経平均株価の
算出方法にポイントがあります。

まず、日本の企業は、
「物作り」を得意とする企業が多く、
それらを「ジャパンブランド」として
海外に輸出することで売り上げを上げています。

つまり、日系企業で売り上げ規模が大きい企業は
輸出企業が多いということです。

輸出がメインの企業にとっては、
円安は有利に働きます。

なぜなら、円が安くなるということは、
海外の人達からすると
日本の製品を安く買えるからです。

だから、円安になると輸出数が伸び、
その分、企業の売り上げが上がります。

それが予想できるので、
輸出業社の株価は上がるのです。

輸出業社の株価が上がる仕組みは
これでご理解いただけましたでしょうか。

では、次に、
どうして日経平均も上がるのか、
という話をします。

実は、日経平均株価というのは、
日本をリードする企業225社の株価の平均なので、
その225社の中に輸出企業が多く含まれるのです。

だから、
円安⇒輸出企業の株価上昇
⇒日経平均株価上昇
というつながりになるのですね。

そのため、
円安になっても、
日本企業の株のすべてが上昇するのではなく、
輸出企業を中心とした一部の企業の株価が上がる
ということなのです。

この仕組みは覚えておきましょう。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

=====================

p.s お金が増えるメールマガジン
  今なら無料レポートプレゼント中!
 「今すぐ実践できる
 毎月コツコツお金持ちの秘密の投資メソッドとは」
⇒ https://money-info.jp/7steps/

その他得するお金情報もたくさん掲載中
まずは、ご覧ください。
⇒ https://money-info.jp/

=====================

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る