米国雇用統計の見方 by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

今年は健康診断に行くことにしました。

ついでに人間ドックも行ってみようと思うのですが、
都内でどこか良い施設はあるのでしょうか。

ご存じの方ががいたら、教えてくださいm(__)m

さて、昨日は、第1金曜日、
恒例の米国雇用統計の発表の日ですね。

米国雇用統計とは、
このメルマガでも度々書いていますが、

アメリカの雇用に関する数値で、
毎月第1金曜に発表され、

アメリカの景気を示す指数が多いため
世界中から注目されています。

その中でも、

「非農業部門雇用者数」

という数値があります。

これは、農業以外、つまり、
サービス業や小売業などに
雇用されている人の数が
前月と比べてどのくらい増えたか
という数値です。

大体、20万人を超えると
景気が良く経済活動が活発と判断されます。

それが、先日の発表では、
28万人の増加と言う結果でした。

これは、予想よりも大幅に良く、
アメリカの経済が良くなっている
という一つのサインなのです。

そのため、
また、アメリカの株は一層上がりそうですね。

こうした統計の数字というのは、
それだけでは意味がなく、

先月と比べてどうだったか?
その数字の意味するところか?

ということを考えなくてはいけません。

それが分かってくると、
タダの数字としてだけでなく、
経済を知るための言葉のようになり
面白くなりますよ。

最初は難しいかもしれませんが、
まずは

「毎月チェックする」

ということから始めてみると良いでしょう。

継続して観察を続けることで、
動きがだんだん理解できますよ。

雇用統計が難しい方は、

日経平均株価

ドル円為替

を定期的に観察すると良いでしょう。

世の中の動きが
何となくわかってくると思います。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

=====================

p.s お金が増えるメールマガジン
  今なら無料レポートプレゼント中!
 「今すぐ実践できる
 毎月コツコツお金持ちの秘密の投資メソッドとは」
⇒ https://money-info.jp/7steps/

その他得するお金情報もたくさん掲載中
まずは、ご覧ください。
⇒ https://money-info.jp/

=====================

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る