ちょっとしたニュースも投資の助けになる訳 by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

昨日のニュースで、
「旅行収支」が約2000億円のプラスだった
という報道がありました。

どういうことかというと、
日本人が海外旅行で使ったお金
から、
日本の旅行に来た外国人が日本で使ったお金
を引いた金額が、
2000億円でした、ということです。

お金の流れを考えると、
海外から日本へ支払われたお金が多かった
ということになりますね。

とても良いことだと思います。

観光で稼ぎたいという
国の政策が功を奏したということですね。

日本の文化は世界的にも評価されていますし、
海外から観光に来てもらって、
観光関連の企業の売り上げがあると、
それだけ日本のGDPも増えることになります。

景気回復の一つの要因にもなり得ますね。

日本人の所得が上がらずに、
消費が減ったとしても、

海外からのお客さんの消費がそれ以上に増えれば、
日本全体としては潤うのです。

5年後のオリンピックもありますし、
旅行、観光関連は盛り上がりそうですね。

更に、円安もあり、
海外旅行よりも国内旅行をする人も
増えるかもしれません。

これも、世の中の流れなのです。

投資をするなら、
ちょっとしたニュースも
注目して少し分析してみると
判断基準の助けになりますよ。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る