日経平均株価と株価の関係は? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

今日のご質問はこちらです。

Q.株価と日経平均価格とはどんな関係があるのでしょうか??
 日経平均価格が上がれば勿論株価も上がるとは思うのですが??

まず、日経平均について説明します。

日経平均とは、

日本経済新聞社が選出した、
日本をリードする企業38業種225社の株価の平均です。

つまり、約3,700社ある日本の上場企業の
1割以下の数の会社の株価の平均なのですね。

とはいえ、
日本をリードする企業
ですから、大企業が選ばれています。

日本の大企業は、
製造業が多くありますので、
どうしても、日経平均は製造業の株価に左右されるという
特徴はあると思います。

従いまして、
日経平均が上がっても、
個々の株価と連動はしていないということです。

日経平均に組み込まれている銘柄でも、
全く同じ動きをするわけではありません。

日経平均は、
日本の市場の大まかな動きを表すモノ、
と捉えましょう。

もちろん、
日経平均が上がるということは、
日本の株式市場に資金が流れているということですから、

他の銘柄も価格が上がりやすいのは確かです。

そのくらいの、あいまいな結びつきだと覚えて置きましょう。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る