私の何がいけないの?  by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは、
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

今日も香港からお届けします
香港は暑いのですが、
ホテルの中はクーラーが効いていて
むしろ寒いです。

ちょうど良いところを
探していますが、
今のところ見つかっていません。

さて、先日、

「何を相談すればいいか分からない」

という方の事例を書いたところ、
かなり反響がありました。

「そうそう、そうなんです!
私もそう思っていました!」

というご意見が続出。

確かにそうですよね。

何が問題が分かっていたら、
解決法も見つかるはずです。

何が問題かが分からないから、
悩んでいるわけですからね。

私もお金以外のことは、
よく分からないことが多いので、
相談に来られる方のお気持ちもよく分かりますよ。

今日はもう一つ、事例を書きますね。

それは、

「私、何も問題ないのですが、
お金が貯まらないんです」

というタイプのご相談者さんです。

後半の部分は、
「お金が増やせない」
「お金の管理ができない」
「損が出た」
等々、様々なケースがあります。

この場合、前半が問題で、

「私は現状把握ができていて、
分析してみたのですが、
何の問題も見当たりません。」

という自分自身の正当化をしているという点です。

実は、これはこれで、
仕方がないのです。

なぜなら、人は、自分自身のことが
一番わかっていないから、なんですね。

もちろん、私も含めて。

ですから、
第3者に客観的に見てもらう、
ということが大切なのです。

まあ、理論的に考えると、

「何も問題がないのに、
お金が貯まらない」

ということは無いわけで、

お金が貯まらない原因があるのに、
それに気づいていないか、
気づいていても現実を直視できないか、
どちらかでしょう。

いずれにしても、
現状把握をしたら、
相談しに来ていただいた方が良いでしょう。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る