毎月第1金曜日は・・・ by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは、
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

先日撮影した対談動画ですが、
週明けくらいに公開しようと考えています。

ご覧いただくとスペシャルプレゼントもありますので、
どうぞお楽しみに♪

さて、
昨日は米雇用統計の発表がありました。

毎月第一金曜日の夜(日本時間で21時ころ)
に発表されるこの経済指標は、
世界的に注目されている指標なのです。

それは何故か?

アメリカは世界最大の経済大国ですが、
そのGDPは、約1200兆円です。

そのGDPの実に70%は、
アメリカ国民の消費で成り立っているのです。

日本は、50~60%が個人消費と言われています。

つまり、アメリカの個人消費は、
世界中から商品とサービスを輸入しているのです。

そのため、
このアメリカの個人消費が鈍ると、
世界経済が低迷すると言えるのです。

では、個人消費が増えるというのはどういうことか、
というと、雇用が安定しているということです。

ですから、アメリカの雇用状況は、
世界中から注目されるのです。

米雇用統計というのは、
失業率だけでなく、
サービス業の従業員数の増減や
労働時間なども集計されます。

実は、今回の雇用統計は、
予想を上回る結果だったのですね。

アメリカ経済の景気回復が
伺える内容でした。

こういうケースでは、
アメリカの株価も上がり、
日本の株価も上がる可能性が高いです。

が、ご存じのとおり、
日本はGW中。

株価が大きく動くのは、
連休が終わった後になりますね。

まあ、上がるのを見越して、
すでに株を買っていないと
どうするということもないのですが。

毎月第一金曜日のこの経済指標は、
チェックしておくと何かと役に立ちますよ。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る