株で失敗した話  by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは、
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

今日は、仕事が終わってから、
再度お花見に行ってみました。

東京は桜が満開!!
でも、明日から雨の予報なので、
散ってしまいそうですね~

公園では、たくさんの人がお花見をしていました。

一周しましたが、お酒の匂いが充満(^^;)

まあ、仕方ないのでしょうね。

でも、風がさわやかで気持ちよかったです。

さて、しばらく、
3月のサミットでいただいた質問にお答えしていましたが、
ほぼ回答は終わりました。

まだ少し残っていますが、
「成功の秘訣は何ですか?」
というようなちょっとざっくり系の質問ばかりですので、
ぼちぼちお答えしていきますね。

今日は、久しぶりに株の話を書こうと思います。

最近、投資に興味を持つ方が増えたようで、
株式投資に関するセミナーや広告が増えてきましたね。

確かに、日本株は、昨年まで値上がりしてきて、
3年前と比べると、約2倍の価値がついていますので、
注目されて当然ですが。

私は、24歳で株を始めて、
最初は100万円以上損をした、
ということをセミナーなどで話していますが、
本当にショックですよ。

当たり前ですが。

悔しくて、涙が出ますが、
でも、誰のせいにもできないのですね。

投資は自己責任ですから。

今考えてみれば、
特に何の勉強もせずに多額の投資をしたことが、
そもそも間違いなのですが、当時は相談する人もいなくて、
悶々としたのを覚えています。

株は、長期で投資するので、
1年、2年くらいは放っておいていいのですが、
それは、あくまで、

「値上がりする根拠のある株」

の話です。

特に根拠がないのに、

「まあ、有名な会社だし、
社長も良い人だし、
サービスも良いから、きっと大丈夫」

というような、あいまいな理由で投資してはいけません。

財務内容や取引金額など、
きちんとした基準が無ければ、
値上がりする株は選べません。

値上がりする根拠もなく投資をして、
その株が値下がりした時に、
「長期投資だから大丈夫」
と持ち続けるのは危険なのです。

実は、それで、
私は失敗したのでよくわかります。

とはいえ、
基準さえしっかりしておけば、
株は選べるようになりますから、
大丈夫ですよ。

また、その基準にそぐわなくなったら、
売ればいいわけですから、
買うにも売るにも基準が必要なのですね。

皆さんは、
私と同じ間違いは冒さないよう、
お気を付けくださいね。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る