医療保険に入る理由  by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは、
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

今日から4月ですね。

何となくウキウキするのは私だけでしょうか。

春の気候も、
新しい季節という感じも好きです。

4月は、またWEBセミナーをやります。

4月16日放送ですので、
皆さん、是非、スケジュールを空けてくださいね。

今回のセミナーは、
何と、1年前に開催したセミナーが大人気だったので、
その第2弾です!!

かなり面白い内容になりますので、
お楽しみに(^^)/

さて、今日も、サミットの
質問にお答えします。

Q:
お金の話の一環で、健康保険の選び方を知りたいです。
よく女性向け保険とかありますよね。30代前半の独身女性なのですが、
最近健康診断に引っかかり、
精密検査の結果病気ではなかったのですが、
もしもの時のために保険って大事なのかなと思い始めました。

A:
はい、大事です。
医療保険は入っておきましょう。

まず、保険について誤解で多いのが、

「若いうちに保険に入ると、
支払期間が長くて保険料が高いのでは?」

ということがあります。

これは、間違いで、

「保険は若いうちに入った方が、
生涯払い込む総額も安い」

が正解です。

さらに、医療保険は、
病気になってからでは、
入れない、もしくは、
条件付きで保険料が高くなりますので、

若くて健康なうちに入っておきましょう。

「私は病気にならないから大丈夫」

という方もいらっしゃるでしょうが、
保険を使うのは、60歳以降が多いのです。

65歳を超えると、
入院する確率がぐっと高くなります。

ですから、老後の備えの一つとして、
保険に入っておくということです。

「だったら、60歳で保険に入れば?」

というご意見は、前述の話で解決しますよね。

年齢を重ねるほど保険料は高くなり、
病気になってしまってからでは入れません。

さらに、

「入院費なら貯金しておけば賄えるのでは?」

という意見もあるでしょう。

確かに、貯金で賄えます。

しかし、60歳で病気になって入院し、
せっかく貯めた老後の資金を使ってしまうのは、
勿体なくないでしょうか?

元気になって退院したら、
貯金が半分になっていた

なんてことになったら、
悲しいですよね。

ですから、自分の生活と資産を守るためにも、
医療保険は必要なのです。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る