投資と天気の話 by 投資スクール代表 青柳仁子

このところ日本株がちょっと下がっていますが、
こういう時こそ買い時ですよ。

株に限らず、投資商品というのは、
上がれば下がり、
下がれば上がるものですから。

長期投資が良いのは、
こうした小さな変動を気にしなくて良いからです。

長い目で見れば、
毎日の動きはあまり問題ではありません。

1年後、2年後にどうなっているか、がポイントですから。

良く、気候と天気で例えることがあります。

長期投資は気候を予測し、
短期投資は転機を予測するようなもの、
ということです。

明日の天気を正確に当てることは難しいですが、
冬は寒いとか、春は温かい、
という気候はまず間違いなく予想できますよね。

それと一緒です。

明日の天気を当てようという
難易度の高いことに挑戦せずに、

大きな流れの気候を予測する方を頑張って見ましょう。

きっと、これまでとは見方が変わると思いますよ。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る