何に投資する投資信託を選ぶか by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは、
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。
以前に、手相占いができるという方に、
「何かを決断した瞬間から手相は変わる」
ということを聞きました。
つまり、自分の状況や考え方がすぐに手相に反映される、
ということだと思うんですね。
私はあまり占いはしないのですが、
先日、ふと手の平をみたら、
今まで見たことのない線が出ていたのですね。
それで、気になって調べたら。。。。
「体力的な限界が近い」
ということを表す線らしいのです(^^;)
確かに、先月のプロモーションの後、
香港へ出張し、帰国してすぐに山形へ帰省、
というスケジュールでしたので、疲れるはずですね。
少しスケジュールを削ることにしました。
と言っても、
スクールのサービスには影響はありませんので、
ご安心ください。
さて、今日もご質問への回答です。
質問:
投資信託の積み立て投資に興味がありますが、
始めるにあたって必要な知識はどんなものでしょうか。
先日は利回りのことを書きました。
ただ、利回りが高くても、
ちゃんと利益を出しているか、
ということは確認が必要ですから、ご注意ください。
この点は、メールではちょっと伝えにくいので、
興味のある方はスクールで聞いてください。
利回りを確認したら、ある程度投資信託を絞れると思います。
次は、何に投資をする投資信託を選ぶか、ということですね。
よくある勘違いは、
「投資信託は一度投資したら20年そのままでいい」
ということですが、日本の投資信託においては、
これは間違いです。
日本の投資信託は短命のものが多く、
だいたい3年から5年で寿命が来ます。
10年継続して投資できるものはごくわずかです。
したがって、20年運用しようと思ったら、
4回くらいは中身を入れ替えないといけません。
そのため、20年持っていられる投資信託を探すのではなく、
5年持っていられる投資信託を5つ探すことです。
少し、ハードルが下がりましたね。
次回も、何に投資するか、について考えてみます。
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る