最悪のケースを考えて投資する

こんにちは、
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

投資をする際は、もちろん、リターンを期待してするわけですが、
必ずリスクを伴うのが投資です。

期待リターンを得ることができないかもしれない。

それどころか、リターンが0かもしれない。
その場合は、投資しただけ損をするわけです。

ハイリターンはハイリスクを伴う、これは原則です。

そして、どんなに知識つけても、
リスクを避けることはできないのですね。

できるのは、リスクを理解して受け入れることだけです。

金融の投資も、ビジネスの投資もそうですが、
最悪の場合を考えて、そのリスクを受け入れられるか、
というところが大事なんですね。

最高のパフォーマンスが出せれば、それに越したことは無いのですが、
最悪のパフォーマンスも同様に可能性があります。

リスク許容度というのは、こういうことです。

必ず、最悪のケースも想定して、
投資をするようにしましょう。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

オンラインセミナー 全7回 配信中
「お金が増える7つの習慣」

https://bluestone-ac.jp/online.html

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る