バーナンキ氏の影響力

こんにちは、
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

先日は、銀座でセミナーを行いました。

割とキャンセルも多くて(^^;)少人数でした。

こういう場合は参加者の皆さんと顔とお名前が一致するので嬉しいですね。

さて、前回の銀座セミナーでは、
為替についてお話をしたのですが、その時に、

「円安かどうかは、FRB政策も関係する」

という話をしたと記憶しています。

FRBとは、アメリカの中央銀行です。
日本でいうと日銀のような感じですね。

そして、そのFRBの議長がバーナンキ氏です。
日本でいう、黒田日銀総裁のような感じです。

ですから、バーナンキ氏の発言は強い影響力を持ちます。

先日も、バーナンキ氏が、
アメリカの金融緩和について
「緩和を縮小するかどうかは、景気次第だ」と発言しました。

金融緩和が続けば、アメリカの景気促進になるので、
株価もあがると予測されます。

でも、緩和が縮小されると、景気回復が一旦低迷するかも、と予測されるのですね。

そこで、バーナンキ氏が、緩和を続けるか縮小するか、
どういう計画を発表するかで世間は大きく反応するのです。

ですから、その発言は世界中から注目されているのです。

凄い影響力ですね。

おそらく、これからも彼の発言で為替や株が動くでしょうから、
ネットのニュースでもチェックすると良いと思いますよ。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

オンラインセミナー 全7回 配信中
「お金が増える7つの習慣」

https://bluestone-ac.jp/online.html

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る