ドル安に6000億ドルの介入

親愛なる皆様、こんばんは


寒くなり、お鍋が恋しい季節ですね

そろそろ忘年会のお誘いも来始めて

年末ムードになってきました雪


そんな中、市場はというと

相変わらずの円高アップ


輸入企業の円売りなどで一時は

円安に少し振れたにも関わらず

結局は、1ドル=80円台まで戻しました


アメリカは、更に6000億ドル(約50兆円)

の追加緩和策を行うそうで

その影響でしょう目


それにしても、日本の追加緩和5兆円と

比較すると、お話になりませんねあせる


もちろん、経済規模は違いますが、

介入でも桁が違います


また、大量に通貨緩和を行うと

インフレの懸念も出てくるのですが

それよりもデフレにならないように

という政策が優先されているのですグッド!


こういった思い切った政策が

日本にも必要なのだと思いますひらめき電球


国民はもう政権争いにはうんざりですしょぼん


難しい局面にあっても

日本のデフレ脱却のために

思い切った政府・日銀の政策を期待します!!




関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ページ上部へ戻る