投資と制度活用 by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

今日は、初心者でも3か月で投資が始められる

「投資実践3か月集中講座」大阪1期

2回目の講座です。

このところ、
大阪に来る機会が多いのですが、
今日もホテルから会場へ、
そして終わったら駅へ、
というスケジュール(^^;)

何度も来ているのに
大阪の地理に全く詳しくならない状況です。

でもまあ、
大阪の講座も楽しいのでそれはそれで良いのです。

さて、
投資の講座をしていると
NISA口座やiDeCoなど
運用にかかわる制度の質問もあるのですが、
多くの人は微妙に勘違いして理解しているのですね。

それは、制度自体が複雑なので
仕方のないことです。

説明を読んでも
漢字や専門用語が多くて意味不明ですしね。

もちろん、私は理解していますが、
それも大分読み込んでのことです。

特に多い勘違いは、

「NISAは5年間非課税だから、
一回投資をしたら、
長く持てば利益がでるんですよね?」

というものです。

もちろん、
5年間の非課税期間を有効に活用するには
長く持った方が良いのですが、

「長く持つから利益が出る」

訳ではありません。

3年目で利益が出ていて、
でも解約せず持ち続け、

5年目で価格が下がってマイナスになる

ということもあり得ます。

そうすると、
3年目で解約すれば利益が出たのに
5年持ち続けたことによって
利益どころかマイナスで終わる

ということになるのです。

ですから、
長く持つことが目的ではなく、
しっかりと利益を出すことを目的にして、
NISAであっても
5年を待たずに解約するという判断はあり得ます。

目的を見失わないようにしてほしいということです。

投資の目的は利益を出すことであって、
制度を活用することではありませんからね。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る