「ザ・ゴール」から学んだこと by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

今日から家族旅行で沖縄に来ています。

と言っても、
実は、ビジネスパートナーの
仲村さんの家族旅行に参加しています

それも、本当に仲村一族という感じで
仲村さんのお兄さん、お姉さん、妹さん、
そのご夫婦と子供たち
の団体旅行です、

もう恒例のことなので
私も当たり前のように参加させてもらって
かなり楽しんでいます(^^)/

本当に素晴らしい時間をいただくことができていて
ありがたいことだと思います。

さて、このところ、
昔読んで良かった本を読み返しています。

先週は、

「ザ・ゴール」

を読み返しました。

この本は、世界中でかなり売れていますし
シリーズ化されていますから
読んだ方も多いかもしれません。

私がこの本を読んだのは、
コンサルティング会社に勤めていたころ、
当時26歳だったと思いますが、
入社3年目で20人の部下を持つマネージャーになり、

そんなに大勢をまとめたこともないし、
達成しなければいけない目標がけた違いになり、

「どうすればマネジメントができるのか?」

分からなくて、とにかくいろんな本を読んだときに出会いました。

いろんな本を読んだ中で、本当に参考になったのがこの
「ザ・ゴール」だったのです。

結論から言うと、
この本を読んで手法を取り入れ
業務改善をしたことで
売り上げが40%くらいアップし

1年後に
1000人の社員の中で
最も業績に貢献したマネージャーとして
賞をいただきました。

そんなことを思い出しながら読み返すと
まだまだできることは多いなと
本当に考えさせられました。

「ザ・ゴール」

は工場の生産性を上げるために
ある工場長が恩師にアドバイスをもらいながら
業務改善をしていく

というビジネス小説なのですが、

そういえば、私がこの手法を取り入れた時も
とても劇的な改善があったので、
明日からしばらくは
その時のことを振り返って書いてみようと思います。

会社員の方でも
起業家の方でも、
人生にも応用できることなので
是非、しばらくお付き合いください。

実際に本を読みたいという方は
こちらからどうぞ、
http://amzn.to/2h8z7vG

それでは、
次回から詳しく書きますね。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る