株は〇月に買って〇月に売れ by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

さて、先日からお伝えしております、
こちらの講座はもうチェックされましたか?

===================

「安定型FPビジネス構築法
2017年最新メソッド」

⇒ http://bluestone-ac.com/item/4447/9695/

===================

FPの資格を持っているのに活かせていない方

FPの仕事に興味がある方

FPなのに営業しかしていない方

あなたも、完全中立な立場の
ファイナンシャルプランナーを目指しませんか?

すでに、このやり方で実績が出た人が多数います。

例えば、
この講座ではマーケティングと集客の方法を
教えているのですが、
それを本業に活かしたら、

「4か月で1800万円の売り上げアップ」

を達成した!という方もいました。

その方は、もともとFPでしたが、
実績0からでも問題ありません。

また、今回は、全国5都市で

「安定型FPビジネス構築法
2017年最新メソッド 実践編」

セミナー&説明会を開催します。

福岡、大阪、名古屋、福島、東京の5会場です。

FPとして社会貢献しながら
しっかりと地に足をつけて稼ぎたい人

お金の悩みを解決してあげたい人

是非、会場までにお越しいただき、
内容をチェックしてください。

説明会申し込みはこちらからどうぞ。

==================

福岡・大阪・名古屋・福島・東京にて

「安定型FPビジネス構築法 実践編」

セミナー&説明会

⇒ http://consulting-fp.com/lp2017/thanks/

==================

さて、今日は、
株式投資にまつわる話です。

皆さんは、

「株は10月に買って5月に売れ」

という言葉を聞いたことがありますか?

アメリカで言われている金融格言らしいです。

ただ、統計的に株価は、
10月が一番安く、5月が一番高い、
ということは事実のようです。

とはいえ、あくまで、「統計」の話ですから、
安易に投資をしてはいけませんよ。

こうした大きな流れを把握しておくことは、
長期投資においては非常に大事です。

短期で大きな利益を取ろうとせずに、
長期でそこそこの利益を取った方が
確実性は高まります。

そこそこの利益

というのは、

「最大限利益を取るんだ!」

と欲張ると運用に失敗することが多いので、

「10%くらいの利益でいいんだ」

という気持ちの余裕を持って、

「もう少し売るのが早かったら13%の利益だったのに!」

という欲をかかずに、10%で満足しましょう。

ということです。

こうした大きな流れの把握と
その流れの中で無理のない利益を取る

ということが運用で利益を出し続けるコツなのです。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る