グアムへ傷心旅行 by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

昨日から、真夏のグアムに来ています。

今回は弾丸ツアーで
日程はタイトなのですが、
慰安旅行というか傷心?旅行ということで
ビジネスパートナーの仲村さんと
仲村さんのお姉さん、妹さんと
一緒にきました。

4姉妹みたいで楽しいです(^-^)

ところで
何が「傷心」旅行なのかというと、
私ではなく仲村さんが傷心なのです。

実は、先月仲村さんがタクシーの運転手から
暴行を受けるという事件に巻き込まれ

1か月経った今も怪我は完治せず、
精神的なショックも大きくこちらも完治せず。。。

相当怖かったんだと思います。

仕事もほとんどお休みの状態ですが、
落ち込んでばかりでも仕方ないので、
真冬の東京から真夏のグアムへ!

ということで急きょやってきました。

そのために、
先週はホテルに缶詰めで仕事のめどを
立てたというわけです。

ということで、
昨日は到着して夕方から食事に出かけ
アメリカらしいステーキとシーフードで
楽しい時間を過ごせました。

ちなみに、私は
仲村さんのご家族とも
何度も旅行に行っているので、
今回は本当に4姉妹みたいな感じです。

私は女兄弟がいないので
なんだか新鮮で楽しい!

というこどで今日も
目いっぱい楽しんできます。

さて、先日、
ロバートキヨサキさんの
「キャッシュフロークワドラント」
を改めて読み直してみました。

それで思ったのは、

「収入をどうやって得るか」

という選択が人生を分ける

ということです。

キャッシュフロークワドラントの考え方は、
収入を得る手段から4つのクワドラントが
設定されています。

1 従業員:会社に雇われてお給料を得る
2 自営業者:自分に雇われて給料を得ている
3 ビジネスオーナー:自分のビジネスから収入を得る
4 投資家:投資うから収入を得る

この1,2のクワドラントに属するのか
3,4のクワドラントに属するのかは
大きな違いです。

簡単に言うと、
1と2は自分が働けなくなったら収入がなくなり、
3と4は自分がいなくても収入を得られる
という違いです。

そしてどのクワドラントに属する人になるかは、
能力の差や給料の差に関わらず、

「どのクワドラントに属すると決めるか」

によって分かれるのです。

当たり前のことながら、
1と2のクワドラントに属する人と
3と4のクワドラントに属する人では、

決定的に「考え方」が違うのです。

つまり、
属するクワドラントを変えたいと思ったら
学ぶことは当然ですが、

「そのクワドラントに属する人と同じ
思考方法を身に着ける必要がある」

のです。

逆に言うと、

「考え方を変えれば、
誰でも3や4に属する人になれる」

ということなのです。

もちろん、
今日明日でなれることは無いですが、
少しずつでもその世界の情報を得て
考え方を学んで欲しいと思います。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る