香港の当たり前レベルが高い! by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

先日、香港から帰国しました。

投資も観光も
新しい発見があり、
とても充実した旅行でした。

香港へ行くといつも思うのは、
香港の人は投資にとても積極的だ
ということです。

家庭で投資の話をするのが
当たり前なので、
大人になるとほぼ全員が
投資を始めます。

それが、香港の「当たり前」なのです。

一方、日本では、
「投資をするのは特別な人だけ」
という考えが一般的ですよね。

お金は貯金しておいて
投資なんてギャンブルだ

というのが日本の「当たり前」なのでしょう。

ちなみに、
香港の人はほとんど全員投資をしますが、
それは所得の高い低いには関係ありません。

所得が低くても、
少しずつコツコツ投資をして
老後に備えているのです。

日本よりもかなり
投資やお金の教育は進んでいると言えますね。

それでも
日本においてのお金と投資の認識は
この数年で少しずつ変わっているとも思います。

投資スクールへの問い合わせも増えたし、
NISAやiDeCoなどの影響もあって
投資を始める人も増えました。

あと10年もすれば、
「投資が当たり前」の
時代になるかもしれません。

あなたもその流れに乗り遅れないように、
早く投資の勉強を始めて欲しいと思います。

あと30年もすると、
資産を作っていた人と
何もしなかった人の差が
その差を埋められないほどに
開いてしまうかもしれませんよ。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る