投資で損をした理由を聞くと by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

まずはお知らせです。

私が主催している
「コンサルティングFP養成講座」
0期生の甲斐FPが
明日、WEBセミナーを開催します。

初心者向けに投資の話をしますので、
「投資はちょっとハードルが高いな」
と思っている方こそ、
ご登録ください。

===============

40代のあなたに60歳までに2000万円を
貯める、のんびりほったらかしできる
投資を教えます。

今すぐこちらから確認してくださいね。
⇒ http://consultingfp.com/item/106323/8782/

===============

さて、このところ
個別相談が続いているのですが、

まだまだ、
「投資は危険」
「投資は怖い」
と思われている方が多いようです。

その一つの原因としては、

最初に投資を知った時の印象

が悪いということがあると思います。

例えば、

「初めての投資で損が出た」

「友人が投資で大損したのを聞いた」

「親が株で失敗した」

「テレビで投資詐欺に遭った話を聞いた」

などなど、

最初に出会った「投資」が
ネガティブな印象であれば、
それが投資のイメージとして定着してしまいます。

しかし、果たして、
それが投資の全体像でしょうか。

それは違います。

どんな物事にも、
いろんな面がありますから、
角度を変えて見てみることは大事です。

どうして投資で損をしてしまうのか、

をしっかりと検証するべきです。

投資で損をしてしまう
一つの理由は、

「正しいやり方を知らないから」

なのです。

ですから、
最初から投資は怖いと決めつけず、
別の面から見てみるようにしましょう。

あなたの周りにいる、
「投資で損をした」
という人に、

「どうやって投資をしたのか」

を聞いてみると良いですよ。

損をしたのは理由がありますから、
その理由が分かれば、
怖さも無くなるかもしれませんよ。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る