いよいよ利上げか? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

この頃、メルマガが
ちゃんと送られるときとそうでない時がある、
と気づきました。

ちゃんと届いていればいいのですが、、、、

さて、先日、
私が主催している
コンサルティングFP養成講座で

思いがけず、受講生の皆から
誕生日を祝ってもらうという
サプライズがありました。

私の好きなものを調べてくれたようで、
その気持ちが本当に嬉しかったです!

人とのご縁は大事にしないといけませんね。

改めて、ありがとうございました!

ますます、頑張ります。

さて、また別の友人達が
誕生日パーティを企画してくれています。

こちらもありがたいです。

まだ間に合いますので、
12月10日に空いている方は、
是非、ご参加ください。

詳細はこちら
https://www.facebook.com/events/1512371342419113/

直接お申込みはこちら
http://bluestone-ac.com/form/7088/

60名以上参加申し込みをいただいているようです。

間もなく締切ですので、急いでくださいね。

さて、今日は、
金曜日に発表された、
「米国雇用統計」について書きます。

このメルマガでも
何度か取り上げていますが、
「米国雇用統計」とは、

毎月第一金曜日に発表される、
アメリカの雇用に関する1か月の数字です。

例えば、失業率や、賃金単価、
など10項目が発表されます。

今回は、この数値が良かったのです。

つまり、アメリカの景気は回復している、
ということを裏付ける数値でした。

このところ、統計発表が注目されているのは、

「アメリカの金利が上がるかどうか」

をこうした統計結果で決めることになっているからです。

景気が良ければ、
アメリカは金利を上げる、
と発表しています。

そして、雇用統計の数字は、
景気が良くなっているということを示す結果でした。

ということは、

いよいよ利上げがあるかもしれませんね。

経済状況はどんどん変わります。

こうした統計なども、
詳しくは分からなくても、
それがどんな影響を与えるのか、

は覚えておきましょう。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る