旦那さんに投資を理解してもらうには  by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは、
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

さて、今回募集しました、

「資産ヨメ養成プログラム」2期生

ですが、お蔭さまで無事に定員となりました。

また、1期生の方がたからも、
継続のお申し込みを続々といただいております。

本当に嬉しいです。

今日は、そんな1期性の方からいただいた感想を
ご紹介したいと思います。

まず、「資産ヨメ」とはどういう女性か、というと、

「愛にあふれ、旦那さんや子供、
周りの人から愛されて、
お金のやりくりもしっかりできる女性」

です。

決して、資産を生み出す女性、
ではないのですよ。

その人自身が、資産として扱われる、
そんな女性をイメージしています。

ですから、家族のために、
しっかりと家計を管理して欲しいと思っているのです。

そして、1期生の方からどんな感想があったか、
というと、

「最初は積極的でなかった旦那さんが、
お金の管理や投資について、
興味を持ちだしてきた」

というものです。

投資の話や、お金の話は、
夫婦でもしづらいという方が多いです。

何となく、がつがつしていると思われる、とか、
危ないことをしようとしている、とか、
変に誤解を生んでしまうのでは、
という不安がありますよね。

私は、無理に旦那さんに理解を求める、
ということはお勧めしていません。

ただ、淡々と、
家族のために、旦那さんとの将来のために、
お金の本質を知り、
活用していく知恵を身につければいいのです。

そうすると、
お金の使い方や考え方が変わるので、
旦那さんも、

「あれ?何だかしっかりしてきた?」

というように、変化を感じてくれるはずです。

そうすると、自然と、
旦那さんの方から興味を示してくれるのですよ。

これは、スクールの生徒さん達が、
複数証言していますから、
特別なことでは無いのです。

将来のためにお金の勉強をすることは、
何もマイナスなことは無いですからね。

自信を持って、
学んで良いのです。

ただ、

「投資で儲かった」

みたいなことは、
周囲に言いふらさない方が良いですよ。

投資でお金を増やすのは、
将来の自分と愛する家族のため、
決して自慢するためではないのですから。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る