株価が上がった要因は by 投資スクール代表 青柳仁子

このところ、東京は本当に寒いです。

風が強いので、晴れているのに、
体感温度はかなり低いでしょうね。

あまりに寒くて肩が凝ってしまいました(^^;)

皆さんもお気を付けくださいね。

さて、昨日は個別相談の日でした。

今年から投資を始めるために、と、
準備をしてきた方がほとんどでしたので、
比較的順調なスタートを切れたようです。

年始に、少し株価が下がってくれたおかげで、
ちょっとだけ割安に投資できたかもしれませんね。

今年は、日経平均株価が18,000円台まで
上昇するという予想も出ています。

バブルが崩壊してからは、
そこまで値上がりしたことがないので、
達成したら24年ぶりとなります。

こうした予想が出ているのも、
日銀の物価上昇政策が効果を出しているからなのですね。

今、日本の物価は徐々に上がっています。

つまり、物の値段が上がるということですね。

株や不動産は、まさに「物」ですので、
これらも値上がりする可能性が高いのです。

もう少し詳しく説明すると、
金利やアメリカの経済も関係してきて、
ちょっと複雑になるので今日は簡単な説明で終わりますね。

とにかく、ここまで株価が上がって、
景気回復の兆しが見えてきたのは、
日銀の金融緩和があったからです。

そう考えると、
金融緩和の影響力はすごいですね。

今年は、更に大掛かりな緩和策を行うのでは、
という予測もありますので、
いつもは避けるニュースかもしれませんが、
日銀発表などを注目してみると面白いですよ。

関連記事

ページ上部へ戻る