デフレの原因は財政改革? by 日本橋FP 青柳仁子

親愛なる皆様、こんにちは


ニュースは新内閣の話題で

持ちきりですね目


景気対策、口蹄疫対策

政治資金問題など

相変わらず問題は

山積み富士山


一つずつとは行かないのが

政治ですが

優秀な人たちの集まりですから

団結して解決してほしいですひらめき電球


さて、今日はその政府の政策の

お話です


これまでにも書いてきました

何故デフレになったのか?

シリーズその4です


前回は、バブル崩壊後に

公的資金注入などの対策が

とられたと書きました。


それから、14兆円の

景気対策もとられ

バブルの崩壊から約5年

経済は徐々に回復してきたかに見えました


ところが1996年橋本内閣が発足し

そこでとられたのが

「財政改革」


国の収入アップのため消費税増税

医療費負担増、社会保障費増


無駄をなくして歳出削減

緊縮財政


なんとなく、最近聞いたような対策ばかりですね・・・


実は、1997年にこの財政改革が無ければ

金融危機は起きなかったのでは

言われるほど

経済は冷え込んでいったのですダウン


最近までの景気対策

その後首相が変わって

急激な増税、緊縮財政


・・・同じ轍をつまないように

もちろん、歴史を学んでいれば

そうはならないと思いますが



関連記事

ページ上部へ戻る